スキーバスのメリットとデメリット

バナー

スキーバスのメリットとデメリット

旅行会社で企画するスキーバスでのツアーは、メリットとデメリットがあります。

スキーバスのメリットは、料金に交通費やリフト代など全て入っているので安価でスキーに行く事ができ、昼食もセットになっている場合が多いので、個人で行く場合に比べて格安となります。

現時点で最高のスキーバスの情報探しはそれほど難しくありません。

また、移動中は休憩や仮眠ができるので、疲れを癒したり体力を温存できるので、日帰りで行く場合でも疲れが軽減できます。



スキーバスのデメリットは、時間に制限があるので、集合時間など厳守しないと乗員全員に迷惑が掛かるので、常に時間を気にする必要があります。
また、道中の休憩時間はあまりゆっくりしていられない場合が多く、移動中にトイレに行きたくなった場合などは、緊急時を除き何処かに立ち寄る事は難しいです。スキー場にも制限があり、バスが駐車できるように比較的大きなスキー場に行くので、ピーク時は混雑してリフト待ち時間が多くなり、スキーを満喫できない場合があります。

高級なスキー道具を持って行く場合は、バス側面に荷室があり、そこに無造作に入れるので傷などが付き易くなります。


また、スキー道具をレンタルする場合は、スキー場に隣接している所で借りるのですが、ツアー料金でセットになっている場合を除き自腹となるので、高くなる場合があります。


帰路では、国道や高速道路を多く使うので必ず渋滞に巻き込まれ、裏道や迂回路などは基本的に使えないので、予定していた到着時刻をオーバーする場合が多いです。

毎日新聞情報選びをお手伝いするサイトです。